問21 2013年1月基礎

問21 問題文と解答・解説

問21 問題文

デリバティブ(金融派生商品)に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 日本では,オプション取引はすべて店頭取引で行われる。

2) 日本では,一般に,先物取引は取引所取引で行われる。

3) キャップやフロアは,金利を対象とするオプションである。

4) 金利スワップは,同一通貨間の異なる種類の金利を交換する取引であり,LIBORやTIBOR といった変動金利と固定金利とを交換する取引が多い。

ページトップへ戻る

問21 解答・解説

デリバティブ取引に関する問題です。

1) は、不適切。日本では、オプション取引は相対(店頭)取引・取引所取引のいずれにも利用されます。

2) は、適切。先物取引は取引所取引で行われ、商品を受渡しせずに差金決済します。
これに対し、先渡取引は相対(店頭)取引で行われ、実際に商品(資産)を受渡して現物決済します。
先物取引も先渡取引も、未来の売買についてある価格での取引を保証するのは同じですが、上記のように取引方法と決済方法が異なります。

3) は、適切。キャップやフロアは、金利を対象とするオプションで、金利キャップは設定金利で資金調達できる権利、金利フロアは設定金利で資金運用できる権利です。

4) は、適切。金利スワップは、同一通貨間の異なる種類の金利を交換する取引で、金利変動リスクに対するヘッジとして、LIBORやTIBOR といった変動金利と固定金利とを交換する取引が多く利用されます。
LIBORはロンドン市場で、TIBORは東京市場での金融機関同士の貸し出し金利のことです。

問20                問22

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.