問43 2013年1月基礎

問43 問題文と解答・解説

問43 問題文

Aさんは,婚姻期間25年の妻に対して,平成24年3月に現金600千円を贈与し,さらに同年9月に店舗併用住宅(店舗部分70%,住宅部分30%)の敷地の3分の1を贈与した。この場合において,妻が「贈与税の配偶者控除」の適用を最大限に受けたときの贈与税の基礎控除後の課税価格として,次のうち正しいものはどれか。なお,店舗併用住宅の敷地全体の相続税評価額は6,000万円であり,妻にはこれら以外に受贈財産はなく,「贈与税の配偶者控除」の適用を受けるにあたって最も有利となるような計算をするものとし,ほかに必要とされる要件等はすべて満たしているものとする。

1) 0円

2) 150万円

3) 200万円

4) 260万円

ページトップへ戻る

問43 解答・解説

贈与税の配偶者控除に関する問題です。

贈与税の配偶者控除とは、配偶者が居住用不動産やその購入・建築資金を贈与された場合、贈与金額から2,000万円まで控除することができる制度です。
贈与税の基礎控除110万円と併用できるため、年間2,110万円まで、贈与税がかからないことになります。

Aさんは6,000万円の土地・建物の3分の1(2,000万円)を譲渡する予定ですが、店舗併用住宅の場合、対象となるのは住宅部分のみです。
問題文では、住宅部分は土地全体の30%ですので、6,000万円×30%=1,800万円
よって、店舗併用住宅での配偶者控除額は、1,800万円。

贈与税の課税価格=贈与財産額−贈与税の配偶者控除−贈与税の基礎控除 ですので、
        =2,000万円+60万円−1,800万円−110万円=150万円

従って正解は、150万円 。

問42                問44

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.