問35 2013年1月基礎

問35 問題文と解答・解説

問35 問題文

不動産価格の調査に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

1) 基準地の標準価格は,毎年7月1日を基準日として発表されるもので,当該基準地は, 公示価格の標準地と同じポイントに設定されることはない。

2) 標準地の公示価格は,毎年1月1日を基準日として発表されるもので,当該標準地は都市計画区域外にも設定されている。

3) 相続税路線価の設定されていない地域では,近隣地域等にある公示価格に0.8を乗じることにより相続税評価額を算定している。

4) 固定資産税評価額は,原則として4年に1度評価替えが行われ,当該評価額は前年の公示価格に0.7を乗じた水準としている。

ページトップへ戻る

問35 解答・解説

不動産価格の調査に関する問題です。

1) は、不適切。基準地の標準価格は、各都道府県により毎年7月1日を基準日として9月下旬ごろに発表されます。
当該基準地は、公示価格の標準地と同じポイントに設定されることもあります

2) は、適切。標準地の公示価格は、国土交通省の土地鑑定委員会により毎年1月1日を基準日として3月下旬ごろに発表されます。
当該標準地は、都市計画区域内のほか、都市計画区域外にも設定されています。

3) は、不適切。路線価が定められていない地域の宅地は、固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて評価します。
路線価で評価する路線価方式に対し、この方式を倍率方式といいます。

4) は、不適切。固定資産税評価額は、公示地価の約70%程度が目安で、3年ごとに見直し・評価替えが行われます。

問34                問36

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.